薬剤師はキャッシングってできるの?

薬剤師として働くためには、6年制課程の薬学部を卒業することが条件であり、その後薬剤師国家試験を受け、それに合格しなければいけません。

試験に合格したとしても、すぐに免許が取得出来るワケではなく、合格後に薬剤師名簿に登録申請をし、そこで認められることではじめて薬剤師として働くことの出来る免許が与えられるのです。

このように薬剤師というのは、誰でも簡単になることが出来る仕事ではなく、長期間の勉強と試験といった難関をクリアしなければいけないことから、就職後にはある程度の収入を期待することが出来ます。

しかしどんな職業でも同じことが言えますが、どんなに仕事で収入をもらっていたとしても、急な出費などで現金が不足してしまうことは誰にでもありえることです。

そんな時には消費者金融や銀行系カードローンのキャッシングが便利で、薬剤師として安定収入があれば、申し込みをしたその日にお金を借りることが出来ます。

既に薬剤店を展開している経営者でも問題無く、収入証明書を提示することで同じようにお金を借りられます。

事業運転資金としての利用は出来ませんが、最初は生活費として申し込みし、審査に通過したら、それを事業運転資金に回すといった方法もあります。プロミスで収入証明書はいる?